光熱費について

PICT0006
太陽光発電は、昼間太陽のエネルギーで発電し、ご家庭内の消費電力を賄います
くもりや雨などの悪天候の日でも、優先的に発電した電気を使い、足りない分は電力 会社から買えるため、毎月の電気代を効率よく減らせます
発電できない夜間の電気代を安くする、太陽光発電にぴったりな電気料金メニューを 利用すれば、さらに効率的に電気代を減らすことができます。
発電後、使用しても余った電気は、電力会社へ売ることができます。 売る電気と買う電気のやり取りは自動的に行われ、特別な操作は要りません。
毎月、電力会社がメーターを検針し、売った分の電気代がお客様の口座に入金されます。

売電価格について

一般的なご家庭では、昼間の電力消費量は少ない為、つくられた電力は余ります
その余剰電力を電力会社に売却することができるので、ムダになりません。

2009年に策定された「余剰電力買取制度」に基づき、 2019年度の売電価格は26円/Kwh
で電力会社に売ることが出来ます。 (電力会社から電力を買う金額は約24円/Kwhです)

電気を売って、安く買うことができる太陽光発電をうまく利用すれば、 光熱費は大きく節約できます。

最新の電気機器の導入で更にお得に

986db3d2cf7064aebe1263ae31bd0564_s
ご自宅へ太陽光発電システムを設置することで、電力の余裕が生まれるため、最新の電気機器の導入が容易になります。これによりくらしを快適にし、健康や安全面でたくさんのメリットをもたらします。

特に、ご高齢者やお子様のいるご家庭に特におすすめします。

オール電化(エコキュート+IHクッキングヒーター)にすると時間帯別電灯契約(昼間は高い電気料金・夜間は安い電気料金)を利用でき、光熱費が更におトクになります。